水産流通適正化制度(2022.8.19)

水産業界では、本年の12月より水産流通適正化法(通称)がスタートする事となっています。

違法に採取された水産物を流通を防止する事を目的に、流通事業者等の取り扱う水産物の信頼性の向上や、

取引の円滑化に寄与するものとされています。

現在は、『アワビ』『ナマコ』(加工品含む)がその対象に指定されており、養殖、輸入であっても、

取り扱う事業者は、全て国、または各都道府県に届出が必要となっています。

塩干では、生で取り扱う事は基本無いものの、加工品である『アワビの煮付』などは、

年末に、広く取り扱われている商品の為、7月に京都府より担当者を招き講習会を開催しました。   

違法に採取された水産物が、皆様の食卓に並ばぬよう、なにかと手間がかかる部分もありますが、

市場の信頼を向上する為、水産業界は努めております。

この記事を書いた人